何でやねん情報局!!

何でやねん!?ホンマかな!?と言う様な面白(@_@)、
気になるニュースをまとめています。

    何でやねん!?ホンマ!?


    トルコイスタンブールで、幸運な子猫が清掃員の男性に救われ話題になっています。大雨が降ったトルコイスタンブールの路上で、子猫が溺れてぐったりとしていました。

    そんな子猫の姿を見たメティン・ケスキンさんは子猫に人工呼吸を行い、獣医の元へと連れて行きました。

    子猫は今は動物保護センターへ連れて行かれ、ケスキンさんは「今はとても健康です。私もとても嬉しい。今では元気な子猫になりました」とコメントしています。

    ケスキンさんは当時の状況を振り返り語ります。「私が子猫を見つけた時、子猫は息をしていませんでした。心臓マッサージをし、人口呼吸をすると、子猫は弱く鳴きました。私は自分にできることが出来て幸せです」と。

    優しい男性に見つけてもらって本当に良かったです^^

    大雨で溺れてぐったりしてしまった子猫。清掃員の男性が必死に人工呼吸と心臓マッサージをする姿が話題に!
    (出典 news.nicovideo.jp)
    大雨で溺れてぐったりしてしまった子猫。清掃員の男性が必死に人工呼吸と心臓マッサージをする姿が話題に!(2019年8月17日) - BIGLOBEニュース
    Günün kahramanı! te sel sularına kapılan bir sokak kedisini fark eden belediye işçisi suni teneffüs yaparak hayata döndürdü. Kediyi havluya saran işçi koşarak ...
    (出典:BIGLOBEニュース)


    (出典 nursing-illustration.com)

    懸命に、清掃員の男性が必死に人工呼吸と心臓マッサージをする姿がネットで話題に!

    動画 <このニュースへのネットの反応>

    【【レスキュー】大雨で溺れた子猫。人工呼吸と心臓マッサージをする姿が話題!?】の続きを読む


    昨今、SNSで注目を浴びるために動物を虐待する動画を配信する悪質な者があとを絶たないが、このほど韓国でユーチューバーの男が自分の飼い犬を虐待する動画を公開し、韓国国内ならず海外でも大炎上している。『Metro』『Koreaboo』などが伝えた。

    韓国ソウル在住のソジェヒ(서재희)というユーチューバーの男が、アカウント名「승냥이유튜브」でYouTubeに投稿していた動画が人々の怒りを買った。動画には男が飼っているハスキー犬と思われる子犬が一緒に映っていた。

    しかし動画の中で、男は子犬を抱き上げてベッドの上に叩きつけたり、顔を何度も平手打ちをしたり噛んだりする様子が捉えられていた。これに見かねたネットユーザーの中には動物虐待として警察に通報する者までおり、2017年から男は動物虐待の疑いで何度も通報されていた。

    今回も通報が多かったためか警察は男の自宅を訪問し、犬の虐待を止めるよう忠告した。この様子は男のYouTubeチャンネルライブ配信され、警察が帰った後に男は「俺がしたいことは何だってできるんだよ。お前達に言っておくがな、俺が犬を殴ったって、奴らは何もできやしないんだよ!」と視聴者に言い放った。

    この言葉に多くの人が憤り、SNSユーザーのひとりは「もうなんて言っていいか分からない。どうすることもできないよ。この男のことをYouTubeに通報したところで、この後男が犬に何をするか想像がついてしまう」と投稿していた。

    しかし人々の犬を救いたいという思いから男の悪事は拡散され、アメリカの俳優でコメディアンでもあるリッキージャーヴェイス氏が、この虐待動画を見て「この男の顔を殴ってやりたい」とSNS上で怒りを露わにした。

    そこから状況は好転したようだ。その後警察が関与し、韓国の動物保護団体「Catchdog」が先月31日に男の家から子犬を保護することができたのだ。そしてその日のうちに同団体によって子犬は病院で検査を受けたところ、特に怪我もなく健康な状態だったという。

    男のYouTubeチャンネルは未だ存在するものの、動画は全て削除されたようだ。しかし韓国では動物保護法の規制がまだそれほど厳しくないため、現在男はなんのお咎めもなく、再び犬を飼おうと思えばまた飼うこともできるのだ。

    これを懸念してか、請願書の署名を募るウェブサイト『Care2』ではこの男の事例を挙げ、韓国国内の動物保護法の強化を求めるページが作られた。すでに13万人以上の署名が集まっており、目標の14万人に達した後に韓国議会に提出される予定だ。

    画像は『Metro 2019年7月31日付「Youtuber streams himself battering puppy for vile abuse channel」(Picture: YouTube)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    子犬の虐待動画を配信したユーチューバー「俺がしたいことは何だってできるんだ」(韓) (2019年8月17日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    昨今、SNSで注目を浴びるために動物を虐待する動画を配信する悪質な者があとを絶たないが、このほど韓国でユーチューバーの男が自分の飼い犬を虐待する動画を公開 ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 mybouzu.info)


    『何するねん!』ホント荒っぽい事するやつ。どこまで根性が腐ってるのか!?
    世界中から非難が殺到!犬食の文化がある国だからね。
    こんな奴のアカウントは即刻削除だね。2度と投稿させちゃ駄目でしょう・・・。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】子犬の虐待動画を投稿するYoutuber(韓国)「俺がやりたいことは何だってできる」】の続きを読む


    test cover_e

    petahmayer/pixabay

     私たち人間は、誰でも潜在的に隠れた問題や、またそのような状況を抱えている。

     今回の心理テストは、絵の中の9種の動物の中で最初に目についたものから、あなたがどのような潜在意識を抱えているかがわかるというものだ。

     動物は常に、私たちの潜在意識に対する強い象徴とされている。この心理テストでは、自分の中に起こっている問題が何であるかを知り、またどのようにそれに対処していくかというヒントを見出すことができるようだ。

    ―あわせて読みたい―

    面白心理テスト、「どの動物を最初に手放し、どの動物を最後まで残す?」
    直感で選ぼう。どの扉を選んだかであなたが本当に求めている生き方がわかる「6つの扉」占い
    直感で答えよう。最初に何が見えた?最初に見えたもので、自分が無意識に何を恐れているかがわかる心理テスト(占い)
    あなたに隠された性格がわかる?6つの鍵から直観で一番好きなものを選ぶ心理テスト(占い)
    地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト

     さぁ、この絵の中で、あなたが最初に注目した動物はどれだろう? 

     いつものように軽い気持ちでトライしてみよう。もしかしたら今と未来で選ぶ動物も違ってくるかもしれない。置かれている状況によって結果も違ってくると思うので、またいつかやってみるといいかもしれない。

    no title

    1. 子犬:愛と理解

    1

     最初に、子犬に惹きつけられたあなたの潜在意識は、あなたがより多くの愛と理解を必要とすることを告げている。

     あなたは気付かないうちに、仕事に追われる人生に集中し過ぎてしまっていて、本当に大切なもの、つまりあなたが愛する人を脇に置いてしまっている。

     愛する人とシェアする人生を過ごすためには、あなたは自分の時間を少し節約したほうがいいだろう。

    2. ウサギ:リラックス

    2

     ウサギに注目したあなたは、少しリラックスする必要があるかもしれない。

     あなたの潜在意識は、あなたがこれまでにあまりにも多くの責任を引き受けてきたので、今度は休憩する時間だと伝えているようだ。

     全ての荷物を一度に運ぶことはできない。自分のニーズに優先順位をつけることが大切だといえよう。

    3. ガチョウ:価値ある時間を費やす

    3

     あなたが最初に注目したのがガチョウだった場合、あなたの潜在意識は「価値のない時間を無駄にしないで」ということを伝えているようだ。

     あなたは、自分が誰なのか、どこに向かっているのか、また自分の価値観がどれほどなのかということを完全に認識している。

     だからこそ、自分とは全く正反対の人々に対応するために、あなたが苦労して悩み続ける必要などないということだ。

    4. ウシ:自分の意志

    4

     牛に注目したあなたは、「人生は自分を素通りしている」と感じてしまっているようだ。

     今のあなたは、他人と何かをしていても、ただ流されて行動を起こしているだけだろう。しかし、あなたの人生はあなたのものであり、自分でその手綱を取らなければならない。

     誰も失われたあなたの時間を返してはくれない。怠惰な気持ちを振り払って、いつも夢見てきたことを実行に移してみてはどうだろうか。

    5. ブタ:関心

    5

     最初に豚に惹きつけられたあなたは、自分が生きている社会や、一般的に自分を取り巻く全ての物事に幻滅している段階にいるようだ。

     そのため、少し無関心で利己的になりがちで、そんな自分に罪悪感さえ抱くこともあるようだが、それ以外はやる気を起こさせるものは何もないと思っているのではないだろうか。

     あなたの潜在意識は、あなたに世界を変える力があることを思い出させようとしている。私たちはみなそれぞれが、探している答えにいずれ辿り着くが、まずはそれを探す方法を知らなければならないのだ。

    6. ウマ:人生の目標

    6

     最初に見た動物が馬だったあなたは、自分に自信を持っていて、何でもできるという感覚を備えているようだ。あなたの周りの物事は、今とても順調に進んでいて、それが続くとあなたは信じている。

     人生はニュアンスに満ちている。平穏さと強さの瞬間にいるあなたにとっては、今が人生で何かを求める時期なのかもしれない。今この瞬間を、楽しむことを忘れないでほしい。

    7. クジャク:自信

    7

     最初にクジャクに注目したあなたの潜在意識は、あなたに「今が自信を取り戻す時だ」と伝えているようだ。

     あなたはこれまで、全てが思い通りにいかず、困難な時を過ごしていたことだろう。しかし、それはあなたが戦士でないことを意味するのではなく、今まで以上にそれを自覚しなければならないということなのだ。

    8. ロバ:チャレンジ

    8

     ドンキーに惹きつけられたあなたは、友達と楽しんだり、散歩をしたり、旅に出たりと人生の大きな喜びを楽しんでいる最中ではないだろうか。

     それは、あなたの内側から出ているこの潜在意識のメッセージが、あなたに「快適な場所から抜け出し、恐れや罪悪感を持つことなく、望んでいる物事にチャレンジしよう」と励ましているからなのだ。

    9. 子猫:自立

    9

     子猫に注目したあなたは、無意識のうちに自立を必要としているようだ。

     例えば、今のあなたは、パートナーともはや十分な関係を築いていないかもしれない、親や子供に束縛されて生きているかもしれない。もしくは、何らかの理由で閉じ込められた気持ちになっている。

     猫は、あなたが自分を優先させ、幸せになるよう物事を進めるべきだと伝えている。そのためには、自立して生きることを恐れる必要はないということだ。

    References:dimajadidなど / written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52277966.html
     

    こちらもオススメ!

    サブカル・アートについての記事―

    草の根っこから“栽培された”本「The Book That Grew」(アイルランド)
    好きな三角形を選んで占う性格診断テスト
    圧倒的存在感とリアリティ。「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムをスイカのカービングで完全再現
    気分は発掘!使うたびに土偶が出土してくる驚愕のメモパッド「国宝合掌土偶」が新発売
    スマホの持ち方で占う性格診断テスト

    ―知るの紹介記事―

    フィリピンの屋台スイーツ、とうもろこしとココナッツミルクで作るババロアみたいな「マハブランカ」のレシピ【ネトメシ】
    生命が存在可能なスーパーアース「グリーゼ357d」が発見される(国際研究)
    恒例の残暑見舞い。不気味な超常現象が写り込んでいるとされる10の写真
    元FBIの法医学者が頭蓋骨から顔を復元する過程を公開
    4500年前の酵母を使って焼いたパン。その味は、「信じられないほど美味」(アメリカ)
    どの動物に最初に注目したかで、潜在的に必要としているものわかる心理テスト(占い)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    絵の中のどの動物が直感で一番気になるかチェックしてみて。

    自分の潜在意識の中にあるものを発見できるとか・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【心理テスト】どの動物に最初に注目したかで、潜在的に必要としているものわかる・・・!?】の続きを読む

    このページのトップヘ