何でやねん情報局!!

何でやねん!?ホンマかな!?と言う様な面白(@_@)、
気になるニュースをまとめています。

    何でやねん!?ホンマ!?


    1_e2

     かつて、人間を超えるレベルの巨大なペンギンが南極大陸近くの小さな島、シーモア島を闊歩していたという。

     新たに発見された化石から、身長2メートル、体重115キロもある巨大ペンギン、コロイデスペンギン(Palaeeudyptes Klekowskii )が、3700~4000万年前に生存していたことがわかった。


     コロイデスペンギンは、現在のペンギンよりも深く潜ることができ、40分も水中に潜って狩りをすることができただろうと言われている。彼らは当時はもっと暖かい気候だった南極大陸沖のシーモア島で、10~14のほかの種と一緒に暮らしていたと推測されている。

    dn25990-2_300
    巨大ペンギンイメージ

     アルゼンチンのラプラタ博物館が、巨大ペンギンの羽の骨と、くるぶしとつながった足の骨である附蹠(ふしょ)骨を発見した。

     これが9.1センチもあったため、2メートル前後という身長を割り出した。これはペンギンの足の骨としては世界最大で、現在では絶滅してしまった巨大ペンギンであることが明らかである。

    2_e1

    via:metro・原文翻訳:konohazuku

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52170250.html
     
    かつて南極に、人間を超える大きさのメガペンギンが存在していた(アルゼンチン研究)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    かつて南極に、人間を超える大きさのメガペンギンが存在していた(アルゼンチン研究) - ニコニコニュース
    かつて、人間を超えるレベルの巨大なペンギンが南極大陸近くの小さな島、シーモア島を闊歩していたという。 新たに発見された化石から、身長2メートル、体重115キロもある ...
    (出典:ニコニコニュース)


    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。
    35キロバイト (3,685 語) - 2019年7月21日 (日) 07:05



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    『メガペンギン』(人間よりもデカい)発見・・・!?(@_@;)と思いきや、大古の昔に存在開いていたと言う研究発表。でも、あってみたいですよね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【『メガペンギン』南極には、人間を超える大きさのペンギンが存在していた(アルゼンチン)】の続きを読む


    1

     ソファで横になって眠っている飼い主の横には小さい犬が寄り添っている。とてもほのぼのとした光景なのだが、じっとしていられないものがいた。

     この家ではもう1匹、大きな犬が飼われているのだが、その犬は自分こそが飼い主と添い寝がしたかったようである。

     でも飼い主のかたわらには小犬がいるので自分が入る余地はない。無理やり小犬をどかすようなことはしたくない。そこで大きな犬はこんな方法をとったようだ。

     とてもやさしくて、ラブリーな方法だ。

    ソファで眠る飼い主に寄り添いたかった大きな犬。だがそこにはすでに小さな犬がいた。むりやりどかすことも可能だが、大きな犬はそれをしなかった。

     クッションを口にくわえて持ち運ぶと、ソファの前に置いた。

    3

     こんどは小さな犬を口にくわえてクッションの上に置いたのだ。

     ここならソファにちかいしクッションはベッド代わりになるし、いいよね?ここならいいよね?って具合に小さい犬をクッションの上に置く。

    no title

     小さな犬は完全にクッションの上に着地できなかったようだが、すべてのミッションを終えた大きな犬は、大急ぎでソファにのぼり、飼い主の上へ。
    5

     大きな犬なりの小さな犬へのやさしい気遣い。そうまでしてもどうしても飼い主のそばにいたかったようだ。

     小さな犬はちょっぴり理不尽を感じたかもしれないが、大きな犬にも小さな犬にも愛されている飼い主は幸せだなぁ。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52278240.html
     

    飼い主の隣でどうしても寝たい大きな犬。だけどそこにはすでに小さな犬が...そこで大きな犬はラブリーな方法を考えた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ホントお利口さんですね。自分の事だけ考えず、ちゃんと子犬ちゃんの事も考えているし・・・。

    それにしても、飼い主さんが羨ましい。そこまで、愛されてるの!?


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ほのぼの】飼い主の隣でどうしても寝たい大きな犬。でも邪魔者が・・・彼が取った行動は!?】の続きを読む


    宮崎文夫で一躍トレンドの『キーエンス』についてTwitterの反応


    平均年収2000万円以上!「キーエンス」が高い給料を払えるヒミツ(鈴木 眞理) @moneygendai - 現代ビジネス
    平均年収2088万。それだけでも驚きだが、平均年収ランキングTop5に入る残り4社が従業員数100人以下なのに対し、キーエンスの従業員は5000人超と唯一の大企業。
    (出典:現代ビジネス)



    (出典 kantaiki0219.com)


    キーエンスと言うのは、日本でも5本指に入る高給料で有名。
    あまりの高給料であるが故に、ブラック企業なんじゃないかと揶揄されることもある。

    こんな会社に、あのあおり運転で指名手配の宮崎文夫容疑者が、総合職で勤めていたと言う事でトレンドになっている。

    まあそんな奴なら、すぐに辞めてしまったんみたいだけど・・・。

    キーエンスさんも、お気の毒(´;ω;`)

    【宮崎文夫で一躍トレンドの『キーエンス』についてTwitterの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ