「子供が生まれるから犬は不要」―そんな理由で飼い主によって動物保護施設に持ち込まれた犬がいた。里親探しのために公開されたこの犬の動画に、「こんな悲し気な表情をした犬を見たことがない」と多くの人が胸を締め付けられたようだ。『Metro』『Express』などが伝えている。

米テキサス州を拠点とする犬の譲渡会を告知しているFacebookページMolly Chance」に昨年8月、里親を募集するため1頭の犬の動画が投稿された。“ロコ(Rocco)”という名のこの雄のジャーマンシェパードの飼い主は、子供が生まれるという理由でロコを必要としなくなったようだ。

ダラスのアニマルシェルターに持ち込まれたロコは、突然の環境の変化に怯えた様子だった。また飼い主に捨てられたことを悟っているかのような悲し気な表情をしており、檻の中のロコはスタッフの呼びかけにも目を合わせられないほど怯え切っていた。

以前の飼い主がどのような飼育をしていたか定かではないが、通常のジャーマンシェパードの体重が85~90ポンド(約39~41キロ)であるのに対して、当時3歳だったロコの体重は60ポンド(約27キロ)しかなかった。

また、米マサチューセッツ州にあるタフツ大学カミングス獣医学部の公式サイトには「犬は突然、飼い主と離れ離れになって違う環境に置かれることで大きなストレスを感じる。さらにシェルターなどの他の犬の鳴き声が響く場所は犬にとっても大きなストレスとなる」とあり、ストレスがひどい時は反復行動を続けたり、破壊的行動が見られることもあるという。

ロコを保護した同シェルタースタッフもその点については重々周知しているようで、里親が早く見つかるようにロコの姿を動画に収めてFacebookに投稿した。

檻の隅に座り、ガックリと肩を落としたロコの姿は多くの人の涙を誘った。「子供が生まれるからって何が問題なの? 私は息子と一緒に子犬を育てたわ」「ロコはとても悲しそうに見える」「これは胸が痛い。早く元気になってほしい」「人間はひどいよ。ここまで心を傷つけるなんて」とロコを思う悲痛なコメントが集まった。

このロコの動画は400万回以上も再生され、里親希望者が続々と現れた。そしてロコの動画を見たジャーマンシェパード専門のレスキューグループに所属するボランティアスタッフのプリーシ・ピライパッカムさん(Preethi Pillaipakkam)が、ロコの心のケアも含めて里親が見つかるまで自宅で預かることにした。

はじめは緊張していた様子のロコもプリーシさん家族の愛情を受け、愛嬌たっぷりの犬に変わっていった。また希望者が多かったことで里親はすぐに見つかり、ロコは新しい家族と一緒に暮らすこととなったのだ。

新しい家族のもとでは、先住犬と一緒に遊ぶロコの姿がある。なおアカウント名「Rocco(roccostar_gsd)」のInstagramでは、ロコの保護された当時から今の元気な姿を見ることができる。


画像は『Molly Chance 2018年8月28日Facebook「Rocco is at Dallas Animal Services.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

「子供が生まれるから」と捨てられた犬、悲し気な姿に里親が殺到(米)<動画あり> - ニコニコニュース
「子供が生まれるから犬は不要」―そんな理由で飼い主によって動物保護施設に持ち込まれた犬がいた。里親探しのために公開されたこの犬の動画に、「こんな悲し気な表情 ...
(出典:ニコニコニュース)


酷すぎる飼い主も居れば、優しい人もいっぱいいるんですね。

とにかく里親が見つかって良かった・・・。

<このニュースへのネットの反応>

この飼い主はわかっちゃあいねえな。犬は子どももちゃんと守れるんだぞ?生まれる子どもを犬はしっかり見守ってくれるはずだろうに。


そんな発想の人間が子どもを育てられるわけがない


赤ん坊に危害を加え兼ねないから捨てたのか、単に子供が生まれるまでの繋ぎだったからなのか、どっちだ。里親の方に引き取られた方が幸せになれるね。


数か月後、赤ん坊がはじめて発した言葉は・・・「今度は捨てないでね」


愛犬も子供のようなものだと思うけどな…


くそがあああああ


経済的に余裕がないからどっちかだけにすればよかったのに


金銭的理由ならまだ計画性のない頭だと納得ができるが、バカな理由だったら産まれてくる子供がサイコパス育成か虐待死かが心配だ。


子供のために犬を捨てたのか。次は自分の道楽のために子供を捨てるんだろうな


飼い主の信頼を得られなかったお犬さんはたしかに可愛そうだが、家族というものは必ずしも全員が仲良くできるものなのだろうかともちょっと思った。


命に対し自己中な考えの親に育てられる子供の将来は明るくないだろう


飼い主ガチャ失敗でリセマラ!!! ・・・今度は優しい家族に出会えたみたいだね。


「都合が悪い存在は捨てればいい」という子どもになったらどうなるか、ということまで考えられるほど賢くはねえわな。


犬の怯えた様子は「捨てられたこと・環境が変わったこと」よりも「前の飼い主が虐待していて人間不信になっていたから」ではないのか?生まれてくる子供が心配だ。


家族旅行で家空ける間犬の面倒見れないから保健所に連れてきて殺処分頼まれたとか*みたいな話もあるからこの子は新しい飼い主見つかってよかったな


ペットは悪魔でも子供の代わり。子無し夫婦が飼うのを見ればわかる


カスみたいな飼い主から離れられて良かったね!次は良い飼い主のところに行けることを祈ってるよ。


最悪なのはそんな奴がこれから子供を育てるって事実。明るい未来がまるで見えない。


ペットは子供が生まれるまでの間、その場繋ぎのおもちゃじゃないのに


ゑ、犬ってくっそ嫉妬深い生き物なんやろ


子供が生まれたとかでも簡単に捨てるとかいう考えが理解できない。一度飼うと決めたのなら最後まで面倒をみろ。あと犬は新しい飼い主のところで幸せになりますように。


 記事のアカウント名で検索して見に行ったが、すっごく良い顔! 見た瞬間、「あ~~~!(歓喜)」となった ロコちゃん、ほんとうに良かったね もう、ソファーに座っているところなんてずっと住んでいる子のようで笑ってしまった


 第二子が産まれるとき最初の子供は捨てられちゃうのかね、やだやだ


まぁそもそも子供生まれる前からきちんとご飯あげてなかったみたいだしな、新しい里親見つかったならこれでよかったかもな。それはそうと児童虐待しそうだから警察はマークしといてほしいところ


って新しい里親先調べたら写真あったが、この子耳の向きが全て同じなんだが、前のとこで虐待受けてないか・・・?


人間不信にならずに済めばよいけど、こういう家族がどうなろうと気にしないけど、犬の方は幸せになってほしいものである。


主題とは違うが、日本海外問わずボランティア団体に所属する一個人の人間性は本気で尊敬するよ。損得勘定を抜きにするところも凄いがその行動力と実行力を身に着けたい。


子供が生まれたら犬を飼いなさい。子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしよう。子供が幼少期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。そして子供が青年になった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。 ・・・イギリスのことわざだね


そのうち子供も捨てるだろ


こんなとこに生まれたやつは前世で一体何をやらかしたんだ?


犬という生き物は本当に素晴らしい。幼いころは自分を守る騎士の様で、大きくなると良き友良き理解者、常に寄り添う友であり第二の親とすら言える。自分が大人になるころには、老衰し亡くなる事で命とは何かを教えてくれる。その一生を持ってあらゆる事を教えてくれる本当に素晴らしいパートナーなのに。なんてひどい事をするんだ。ばか、あほ


まさに「犬は飼い主を選べない」というやつか


犬も育てられない奴が人の子を育てられるもんか


ただひたすら胸*悪い


人としてどうかしてる


犬を飼うのは狩猟の供たる紳士の行い、貧乏人に与えるべきではない


https://www.instagram.com/roccostar_gsd/ホントだ、耳の形変だね。虐待されてた可能性ある。でも今はすごく幸せそうで良かった…


>>数か月後、赤ん坊がはじめて発した言葉は・・・「今度は捨てないでね」なんか日本昔話とかで普通にありそうで怖い


未来のミライの「王子」かな?


*に動物は飼わせるな