猫3000頭を殺処分!?奄美大島の野良猫管理計画・動物愛護団体が猛反発

世界遺産のために猫を殺すのか――奄美大島「猫3000匹殺処分計画」の波紋 #1――2019上半期BEST5 - 文春オンライン
2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。いいね!部門の第1位は、こちら!(初公開日 2019年6月30日)。***環境省 ...
(出典:文春オンライン)

アマミノクロウサギ(奄美野黒兎、Pentalagus furnessi)は、兎形目ウサギアマミノクロウサギ属に分類されるウサギ。本種のみでアマミノクロウサギ属を構成する。 日本(奄美大島、徳之島)固有種 模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)は琉球諸島だが、奄美大島と考えられている。 体長41
14キロバイト (1,734 語) - 2019年8月13日 (火) 00:20



(出典 livedoor.blogimg.jp)

アマミノクロウサギなどの在来種を守るためらしいんだけど・・・。凄い量だから驚かされてしまいます。


奄美大島の「ノネコ管理計画」に動物保護団体が猛反発

奄美大島の「ノネコ管理計画」に対し、動物保護団体らから反発の声が上がっている。環境省2018年から2027年までの対応方針をまとめた「ノネコ管理計画」では、奄美大島に生息するアマミノクロウサギなどの在来種の保護のため、ノネコの駆除が急務だとしている。

ノネコは捕獲し、飼い主が確認出来た場合は引渡、それ以外は可能な限り飼育希望者への譲渡に努めるが、できなかった個体は「できる限り苦痛を与えない方法を用いて安楽死させる」と殺処分する。

ノネコが在来種12種を捕食 環境省「計画書は様々な意見を総合的に判断して作成」

同管理計画では2027年までの計画がまとめられている。奄美大島にノネコ(野生化して山林などで暮らしており、野生動物のみを食べて生きている)は2015年時点で約600~1200頭生息。絶滅危惧種で国の特別天然記念物に指定されているアマミノクロウサギなどの在来種を捕殺しているという。

奄美大島には本来、肉食性哺乳動物はおらず、ネコは人為的に持ち込まれて野生化したとされている。1979年、ハブとクマネズミ対策としてマングースが持ち込まれ、島内の生態系に大打撃を与えた。

駆除を続けた結果マングースは減少し、近年、在来種は回復傾向にある。環境省によると、奄美大島のアマミノクロウサギの生息数は2003年時点で約2000~4800頭2015年時点で約1万5000~3万9000頭まで回復したと推定している。

環境省那覇自然環境事務所の担当者は、

2003年の推定数は研究者が算出したもので、環境省としては2015年に試験的に調査を実施しました。クロウサギの推定は難しく、フンで確認します。ただ推定方法の精度に問題があり、現在改善に努めています。課題が改善したら正式な推定数を発表します」

と語る。アマミノクロウサギは増加しているものの、「アマミノクロウサギに限らず、在来種がノネコに捕食されています。個体減少に影響を与えていること自体が問題と考えています」と話す。

実際、ノネコの糞からケナガネズミ、アマミトゲネズミ、アマミノクロウサギなど在来種が計12種類、捕食されていることがわかっている。

「世界中でノネコが在来種の絶滅に関与していますが、捕獲に反対する人が多く中々うまくいっていないのが現状です。ノネコ駆除は急務ではないという意見もありますが、計画書はさまざまな意見を総合的に判断して作りました」(同担当者)

殺処分以外の方法はないのか。環境省とともに同計画書を作成した鹿児島5市町村では"ノラネコ"のTNRを行っている。TNRとは、飼い主のいないネコを捕獲し、避妊・去勢手術を施して元の場所へ返すことを指す。

人間の生活圏内に生息するノラネコと違い、森林に生息するノネコは有害鳥獣として駆除できる。法令上、ノネコとノラネコに明確な線引きはないが、同担当者は「ノネコにTNRは行いません」という。

「出来る限り譲渡に努めますが、譲渡先がなければ安楽死です。ノネコは希少動物の生息するエリアにいます。TNRを行っても、ネコは寿命が長いので在来種とってインパクトがあります」

計画では環境省が島内に設置した監視カメラの映像から、希少種の被害が大きい地域などで年間300~360匹を目標にノネコを捕獲する。同計画は2018~2017年の10年間に渡って行われ、単純計算で3000匹以上が捕獲される計算だ。

「ノネコ管理計画はデータもわざと昔のものを使用することなど含め、根拠が曖昧」

佐上氏「環境省はこの写真を使いすぎている。ノネコが被害を加えていることの証明にならない」(画像は環境省サイトをキャプチャ)

こうした状況に対し、猫の殺処分ゼロを目指して無償でTNR活動を行う公益財団法人どうぶつ基金が反対を表明。「ノネコ管理計画について科学的調査に照らして妥当性を欠いている」と批判する。

同団体理事長の佐上邦久氏は、キャリコネニュースの取材に、

「現在アマミノクロウサギが増加しています。それなのに2015年時点で同省が把握していた推定生息数は全く配慮されていません。ウサギの頭数を低くプロパガンダし、あたかもノネコが在来種にとって脅威のように記し、ノネコ駆除に乗り出そうとしているのではないでしょうか」

と語る。アマミノクロウサギの増加は、マングースの駆除が功を奏したと考えられるという。

また環境省は2003~2015年奄美大島で「ノネコ捕獲モデル事業」を実施。同事業で2012年7頭(全頭安楽死)、2013年には6頭(全頭譲渡)捕獲している。学術研究や生態系保全の目的で2007~2013年度にもノネコの捕獲を実施しているというが、佐上氏は捕獲頭数が少ないことから、「ネコは全く脅威になっていません」と訴える。

奄美の生態系については「文献によると、遅くとも1850年ごろにはネコは奄美に生息していました。奄美では食物連鎖の頂点にハブがていて、動物病院にはハブに噛まれたネコがよく運ばれます。アマミノクロウサギ、ケナガネズミとともに、生態系の中にすでにネコが組み込まれているんです」と主張する。

「ネコが可愛いから反対しているのではないんです。仮にノネコが原因で在来種の個体数が減少しているのであれば駆除は必要です。でも、大きな影響を与えているとは考えられない。この計画は過去のデータが使用されていることなど含め、根拠が曖昧です」

どうぶつ基金は、環境省が今年6~7月に実施した「奄美群島国立公園奄美大島地域及び徳之島地域管理運営計画案に係るパブリックコメント」に、ノネコ管理計画の反対意見を送るよう呼びかけた。『change.org』でも計画に反対する署名を募り、7万人以上の署名が集まった。

「税金で何千頭のネコを殺すことは本当に必要なのでしょうか」

ただ、環境省国立公園課担当者は「今回募集したパブリックコメントは『公園事業及び行為許可等の取扱いに関する事項』に関することでした」と明かす。奄美大島と徳之島における建造物などについての許可・届け出、公園事業の取り扱い方針について意見を募集していた。

「募集した内容のものとそうではない内容(本来対象となっていないノネコ管理計画に関する意見)も含め、合計約3500件のコメントを頂きました。まだ集計をしていませんが、そういう(同計画に反対する)意見を持つ人が多いことはわかりました。どのように反映するかはさておき、参考にさせていただきたいと思います」(同担当者)

当然のことながらノネコの駆除にも費用がかかっている。佐上氏は、

「ノネコの捕獲や殺処分を行う場合も、私達の税金が使われます。ネコはマングースと違って生態系を大きく狂わせているのでしょうか。税金で多くのネコを殺すことは本当に必要なのでしょうか」

と疑問視している。


(出典 news.nicovideo.jp)

7106a509

特別トータルセット

特別トータルセット

反対してる人に飼わせれば良いのでは?

seath

seath

http://kyushu.env.go.jp/okinawa/pre_2019/post_72.html古い情報ですが引き取り手のおかげで殺処分は0みたいですね。

小阪産

小阪産

色々なバランスあるんだろうけど、猫の繁殖力を考えるとある程度の殺処分は必要なのではないかな。有志が捕獲してサクラ猫化してるんだろうから、捕獲してサクラ猫は解放、去勢してない猫を殺処分って感じで去勢追いついてないのを管理してかんと追いつかないだろ。

seath

seath

当初、環境省はノネコの数を多めに予測していたみたいです。実際には予測よりも少なく、年300頭を目指すという目標もちょっと厳しいかもですね。ボランティアの活動で野良猫や飼い猫の去勢は90%完了。あとはノネコが問題ですが、家猫が野生化してノネコになると考えられるのでノネコだけで生態系を圧迫するほど繁殖するのは無理でしょうね。

ゲスト

ゲスト

そもそも存来種を駆逐しているの猫ではなく自然を破壊したり猫を捨てている人間の方なんだけどな

ゲスト

ゲスト

じゃ保護団体とやらが全部引き取って世話しろや

seath

seath

2018年に引き取りてはゼロだったとかいう情報が流れていますが、環境省の発表する報告とは異なるようですね。どこでこのような齟齬が起こったのでしょうか?

SR-71

SR-71

奄美の生態系にとっては外来種に過ぎない猫よりアマミノクロウサギの方が大事だしな。ウサギの個体数が回復したから猫を放置していいなんて暴論は許されないだろう。取り返しのつかないことが起こったらどうするんだよ。リョコウバトみたいにしたいのか?

seath

seath

猫の固有種に対する食害の影響は詳しく調べてみないことにはわかりません。1850年代に薩摩藩の武士が残した南島雑記によれば、すでにその頃猫は存在していたそうですから。ただ、世界遺産登録は沖縄奄美大島西表にまたがる地域なのでノネコ管理計画を止めるのはもう無理でしょう。

SASUKE

SASUKE

かわいそうだけど、ノネコの殺処分は必要だ。

alpha

alpha

だからお前らが引き取れよ!

オレンジ色

オレンジ色

野良で幸せに暮らせないネコはしょうがないけど処分は仕方がない。それに猫ウイルス(新種)なんかが出てきたら家で飼ってる猫にまで被害が出たら元も子もないので自分はエゴだろうがなんだろうが処分は仕方ないと思う。

しゃとん

しゃとん

いや普通に引き取るでしょ? じゃなきゃ動物保護団体って何の意味がってなるし。むしろ殺処分されるようなら引き取らなかった保護団体を叩いていいよね

璃嗚

璃嗚

じゃあ保護団体が全部引き取れよなって話じゃん

野良寧子

野良寧子

捕獲可能ということは去勢・避妊手術も可能だよな。渋谷に離してネズミ捕りさせよう(やや投げやり)

ゲスト

ゲスト

人間とネコを天秤にかけて殺処分ならしゃーないと思うが、ネコとウサギで天秤にかけてネコを殺すのは人間のエゴやがな

ゼリア(路傍のピク二ック)

ゼリア(路傍のピク二ック)

生態系の乱れが正されたら保護団体の仕事無くなって金儲けできなくなるからね。そら反対するよ。

seath

seath

ウサギのためというより、世界遺産登録のためでしょうね。前回、登録が延期されたのは米軍基地の土地を返還してもらう前で、登録のために必要な土地が狭かったかららしいです。小笠原でもグリーンアノールが固有種を食べ尽くすところだったので、外来種の対策はまあ必要でしょうね。あと、ウサギを減らしているのはいろいろな要因でマングースもウサギが主食というわけではないようです。

ゲスト

ゲスト

愛護団体がネコ引き取れっていうやつらが在来種引き取ればええやん

DWJ

DWJ

しっぽのこえ って漫画で、まさしくこの問題を取り上げていてなぁ・・・むぅ・・・