何でやねん情報局!!

何でやねん!?ホンマかな!?と言う様な面白(@_@)、
気になるニュースをまとめています。

    何でやねん!?ホンマ!?

    カテゴリ: ニュース(何でやねん!)


    米コロラド州で、犬を散歩中の男性が発作で倒れた隙に、30歳の女が盗みを働いた。女が盗んだのは男性が散歩していた犬で、あまりにも非常識な行為に非難の声が相次いでいる。『CBS Denver』などが伝えた。

    7月31日、コロラド州ロングモントで犬を散歩していたロバートコービーさん(59)が突然発作を起こし、セブン-イレブン裏の大型ゴミ収容器付近で倒れてしまった。異変に気付いた人々が駆けつけロバートさんに心肺蘇生を施す中、ある女がロバートさんと一緒にいた犬‟サンプソン”を連れ去った。現場には救急隊が駆けつけ、ロバートさんは病院に搬送されたものの死亡が確認された。

    店の外に設置されていた監視カメラの映像によると、首輪をつけ綱に繋がれたままのサンプソンはロバートさんの様子を気にしながら何度か振り返っているが、女は綱を引っ張りそそくさとその場から去っている。

    この映像はロングモント警察署のホームページや地元メディアによりシェアされたが、サンプソンは事件翌日、カップルと一緒に街中を歩いているところを警察官が見つけ保護した。警察官によると、このカップルは「犬は女にもらった」と話していたそうで、サンプソンは無事ロバートさんの家族のもとに返された。ロバートさんはうつ病で苦しんでおり、サンプソンをセラピー犬として飼っていたということだ。

    ロバートさんの姪のケリーさんは、サンプソンが元気な状態で戻ってきたことを喜んでおり、地元メディアにこのように明かした。

    「叔父のロバートと最期のお別れをするためにサンプソンを葬儀場へ連れて行きました。サンプソンは棺の上にしばらく座っていました。私もそうですが、サンプソンももう一度叔父に会うことができて本当に良かったと思っています。」

    一方で犬を盗んだ女だが、事件から2日後に盗難車の中で寝ているところを見つかり、事情を聞こうとした警察官2人を蹴るなどしたために逮捕されていた。警察は調べを進めていくうちにこの女がメロディメロン(30)であること、ロバートさんの犬を盗んだ犯人であることを突き止め、盗難罪や犬の誘拐に関する罪などで再逮捕している。

    なおこのニュースを知った人からは、「苦しんでいる人の犬を盗むって酷い」「もう頭がイカれているでしょう」「犬を盗むことは重罪にすべき」「連れ去られる時、犬が振り返ってるよ。絶対何が起こってるのか感じてるはず」「飼い主ときちんとさよならができて良かった」「犬が戻ってホっとした」「この女は何のために犬を盗んだんだろう」などのコメントがあがっている。

    ちなみに今年の7月には米テキサス州で、Amazon配達員が仕事中に犬を盗みオンラインで販売しようとして逮捕されていた。逮捕の決め手はやはり監視カメラの映像だったという。

    画像は『KKTV 11 News 2019年8月1日付「Woman who allegedly stole dog from dying man arrested; dog reunited with family」(Photo: Longmont Police Dept.)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    さすがアメリカ。介抱中に連れ去るの?こんな女がいるなんて・・・。しかも、累積犯罪者。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲劇】散歩中の飼い主が発作!そのちょっとした隙に、犬を盗んだ女を逮捕(@_@;)】の続きを読む


    2019年8月13日、中国のニュースサイト中国新聞網は、「韓国の『日本ボイコット』活動が英国のロンドンまで拡大した」と報じた。
    記事は、韓国・亜洲日報の報道を引用し、英国の韓国人団体が12日、英議会議事堂のあるロンドンウェストミンスター宮殿周辺で、「日本政府による経済報復を糾弾する」集会を開いたと報じた。
    集会には、三・一運動臨時政府100周年記念特別委員会英国本部や在英韓国人有権者連盟、自由総連盟英国支部、在英大韓体育会などの韓国人団体に所属する約20人が参加した。
    参加者らは、「ノー・ジャパン、ノー・アベ」などのスローガンを叫び、「世界の経済秩序を破壊する日本の経済報復措置は必ず撤回されなければならない」などと書かれたビラを配布するなどしたという。(翻訳・編集/柳川)

    13日、中国のニュースサイトの中国新聞網は、「韓国の『日本ボイコット』活動が英国のロンドンまで拡大した」と報じた。写真はウェストミンスター宮殿。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ロンドンでも「ノー・ジャパン」、在英韓国人が英議会前でデモ―中国メディア - ニコニコニュース
    2019年8月13日、中国のニュースサイトの中国新聞網は、「韓国の『日本ボイコット』活動が英国のロンドンまで拡大した」と報じた。記事は、韓国・亜洲日報の報道を引用し、 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 i.ytimg.com)


    それにしても、感情的になって物事を冷静に受け止められない国民性はどうしようもないですな・・・。

    慰安婦問題ほど、センシティブな問題でもないから感情に訴えても中々それを受け止めてくれる国は少ないはず。

    しかもイギリスのように、先進国できちんとした情報が比較的入りやすい国では、日本に『いじめられてるから助けて・・・』と訴えても無理があるでしょう。ただの被害妄想国の人間の集まりくらいで誰も相手にはされない。

    反対に、世界中から嫌われると言う事を、もう少しきちんと理解した方が良いはず。

    <このニュースへのネットの反応>

    【イギリス在住韓国人ロンドンでも「ノー・ジャパン」英議会前でデモ(中国メディア)】の続きを読む


    この時期に川でBBQ『大谷渓谷』SOSに非難殺到!Twitterの反応



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    バーベキューの18人が渓谷で孤立か「車が水没」 でSOS。
    立ち入り禁止区域でやってたとか、大人のモラルも問われちゃいます。
    ネットでは20年前のあの『DQNの川流れ』がトレンドに・・・

    【この時期に川でBBQ『大谷渓谷』SOSに非難殺到!Twitterの反応】の続きを読む


    今日は、『サマージャンボの抽選日』についてまとめてみた



    誰か5億当てたとか、twitteとかでつぶやいてる人いないかなと思ったけど、今のところは無し。
    宝くじ公式サイト(ネット購入)では、すぐに抽選結果が反映されてないので、ちょっとイラついちゃいます。

    【今日は、『サマージャンボの抽選日』についてまとめてみた】の続きを読む


    昆虫を原料とした食品を扱う「女性向け昆虫自動販売機」が、2019年7月9日から東京・秋葉原で稼働している。昆虫を使ったスナックプロテインバーを購入できる。

    自販機の看板商品は加熱処理した虫たちを乾燥させ、塩で味付けした「MOGBUG(モグバク)」で、プレスリリースによると「コオロギ」「スーパーワーム」「サゴワーム」「オケラ」「カイコ」「カブトムシ」「サソリ」の7種類がある。カブトムシはメスの成虫だ。J-CASTトレンド記者は、早速取材に向かった。

    サソリは売り切れ、カブトムシ狙ったが...

    自販機は、昆虫料理を提供する居酒屋「米とサーカス」を運営する宮下企画が設置した。

    置かれているのは、ダイニングバー「ラフィー秋葉原」の前だ。ピンク色ラッピングされ、「MOGBUG」のロゴも書かれている。遠目から見ると何の変哲もない自販機で、知らなければ気付かずに通り過ぎてしまいそうだ。

    MOGBUG」は、銀色の袋にパステルカラーラベルが貼ってあり、丸っぽい字の商品ロゴと、デフォルメされた虫のイラストが書かれている。近づくと、売り切れている商品があると気づいた。MOGBUGのサソリだ。人気商品なのか、2枠を使って販売しているが、両方とも「売り切れ」のランプがついている。

    サソリカブトムシを狙っていた記者は、カブトムシを購入しようとしたが、こちらは販売自体されていない。

    宮下企画の昆虫自販機担当者に理由を尋ねると、

    カブトムシは旬じゃないので」

    との答え。季節によって販売される虫の種類も変化するそうだ。

    皿一杯に広がるオケラ、つまんで食べると...

    自販機で買った昆虫は、ドリンクをオーダーすればラフィー秋葉原の中で食べられる。記者は、「オケラ」を購入し、店内で食べてみることにした。

    袋を開けると、中にはたっぷりオケラが入っていた。MOGBUGは全て1袋1000円で、内容量は虫の種類によって異なる。取材に答えた宮下企画ブランディング担当の宮下慧さんによると、「サソリ」は単価が高いため、2匹しか入っていないそうだ。

    オケラを出すと、皿一杯に広がった。昆虫図鑑で見るオケラそのものだ。モグラのような前脚が特徴的で、両脚を広げている、脚を前に突き出しているなど格好はさまざま。虫が苦手な人にはグロテスクな光景だが、抵抗がない人は「かわいさ」を感じるかもしれない。宮下さんは「1匹1匹の顔もかわいい」と話した。

    1つつまんで食べてみると、「エビフライしっぽ」のような食感だった。味もエビのしっぽに近いが、非常に薄味で、塩気もあまり感じない。

    宮下さんによると、昆虫は高たんぱくで低カロリー食物繊維も豊富な食材だ。若者が多い秋葉原で販売することで、「昆虫食」に関心がない人にも興味を持ってもらいたいと望む。かわいらしいパッケージと「虫」という言葉を使用しないことで10代~20代の女性に訴求し、低カロリーの「ギルトフリースナック」(食べても罪悪感がない菓子)として普及させたいとの話だ。

    「流行を作るのは若い女性たち。(昆虫食は)オシャレなものだと発信してもらって、タピオカみたいになってほしい」

    と語った。

    記者はパッケージから出してそのまま食べたが、店内で注文したメニューと合わせてもいい。ラフィー秋葉原の主任従業員は、サラダコオロギやオケラのようなカリカリした食感の虫をトッピングしたり、癖の強いカイコをワイン合わせてみたり、好きな組み合わせを自分で探してみても良いのではないか、と勧めた。<J-CASTトレンド>

    「MOGBUG」自動販売機


    (出典 news.nicovideo.jp)

    いま注目される「昆虫食」 世界の最新事情、記者が食べながらルポ - Asahi Shimbun GLOBE
    虫を初めて食べたのは7年前。昆虫料理研究家のお宅で「百聞は一見にしかずです」と、サクラケムシやミールワームなど5品をご馳走になった。その後も気になっていた「 ...
    (出典:Asahi Shimbun GLOBE)


    昆虫食(こんちゅうしょく、英語: Entomophagy, Insect eating)とは、ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることである。食材としては幼虫や蛹(さなぎ)が比較的多く用いられるが、成虫や卵も対象とされる。アジア29国、南北アメリカ23国で
    30キロバイト (4,381 語) - 2019年4月18日 (木) 12:08



    (出典 img.sirabee.com)


    さすがに、「虫食!」はマニアックすぎるでしょう・・・。貴重なたんぱく源かもしれないけど、見た目とかでそこまで食べる人が増えるとは思わないんだけど!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】秋葉原に登場「女性向け昆虫自販機」タピオカブームの次は「虫食」!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ