定年退職を迎えると、退職金という形で2000万円、3000万円というまとまったお金を手にする。しかし、マイナス金利のあおりを受けて、預金していても利息は微々たるもの。そこで、つい手を出してしまうのが投資なのだが、そこには思わぬ落とし穴がいくつも待ち受けているのだ。今回は「教育投資」について――。

※本稿は、「プレジデント」(2016年11月14日号)の掲載記事を再編集したものです。

■なぜ、子どもの奨学金を親が返してはいけないのか

教育費は「聖域」と考えがちで、出し惜しみしないという人は多いでしょう。幼稚園から大学まで子どもにかかるお金は、オール公立で約1000万円、オール私立で約2500万円ともいわれています。塾や習い事など学校以外の出費も家族ごとに差があるものの、習い事にお金をかけすぎることは、将来の教育資金を前倒しで食いつぶしているのと同じなのです。

教育費プランで重要なポイントは、高校生までの教育費は家計から出し、貯金などを取り崩さずに済む年間収支の範囲内にとどめること。図にある大学教育に必要な学資は、小さいころから児童手当と学資保険でコツコツ貯めて高校卒業時までに用意しておきましょう。

しかし、奨学金や教育ローンを借りている家が多いのが実状です。現在、日本学生支援機構の奨学金をはじめ、なんらかの奨学金を利用している人は2人に1人を超えています。奨学金を借りるのは、子どもに借金を背負わせて社会に出すということです。支援機構から、毎月10万円の奨学金と入学時の50万円を加算して有利子(第二種)で借りると、返済は最大月2万9770円が20年も続きます。

若い世代の家計診断をしていると、夫婦で奨学金を借りており、貯金ができないという家庭が多いことに驚かされます。奨学金の返済があるせいで、その子どもの生活や進路設計にまでマイナスの影響が出ています。

子どもにお金についての教育をするのも親の大事な役割でしょう。小さいころから、親が家計の状況や生活設計などをある程度伝えておけば、子どもは親にできるだけ負担をかけないよう行動し、責任を持って奨学金の返済も行うものです。

でも「お金のことは心配しなくていい」と、親が家計の事情を子どもにきちんと説明する勇気を持たずにいると、親のすねをかじり続けることに罪悪感を覚えなくなって、奨学金の返済に責任を持たず、親が返済する羽目に陥るケースもあります。

■実は考えもの孫への援助

そうならないためには文系、理系など進路の分岐点になる高校2年生の時点で、親が援助できる限度を決めておきましょう。支援機構の返済シミュレーション機能を利用して、奨学金を借りる覚悟について子どもと話し合うのも大切です。

退職するころに孫が生まれると、援助をしたくなるのは人情です。しかし、その後は年金で賄いつつ、貯蓄を取り崩す生活が待っています。孫への教育資金に1500万円まで贈与税のかからない一括贈与する信託プランなどもあり、ついせかされがちですが、孫への援助は祖父母自身の自立が大前提です。

固定資産税や冠婚葬祭費などで、老後の生活は年間30万~60万円の赤字が一般的。贈与するときは元気でも病気や介護が必要になれば、その分の費用がかかり続け、老後破産の可能性もあります。1度信託したら子ども側が返してくれるとは限りません。「まとめて贈与するんじゃなかった」と後悔しないように、老後の資金計画をしっかりと立てましょう。

年の差婚でなくても晩婚化の影響で出産年齢が遅くなる傾向にあり、定年と教育費のピークが重なって老後資金の準備が遅れてしまうケースも多くあります。特に虎の子の退職金はあくまでも老後資金と考え、教育資金にあてることは絶対に避けなければなりません。

----------

畠中雅子
ファイナンシャルプランナー
1992年ファイナンシャルプランナーになり、新聞、雑誌などに連載記事を執筆。セミナー講師や個人のFP相談も行う。『老後が危ない! 年金月額16万円の生き残り術』をはじめ著書多数。

----------



(出典 news.nicovideo.jp)

奨学金(しょうがくきん)とは、奨学制度に基づき学生を援助するために貸与または給付されるお金、またはその制度。 貸与または給付の目的として以下があげられるが、一般的には後者を指すことが多い。 優れた学術研究の援助 優秀ではあるが経済的理由で就学困難なものに対して教育機会を保障するため
18キロバイト (2,617 語) - 2018年11月8日 (木) 23:39


◎高校や大学行くのにお金がないからと簡単に、奨学金や奨学金と言う名の教育ローンに手を出してしまう親御さんたち。子供が、返せなかったら保証人たる親御さんが支払う羽目になる。そもそも、授業料などが払えないから、借りるのであって、しかも老後に返すのであれば、悲惨な結末を迎える事にもなる。サラリーマンなら、せっかくの退職金がチャラになるかも・・・奨学金を返した親を待ち受ける貧困老後はお気の毒。

*本来、奨学金『優れた学術研究の援助 優秀ではあるが経済的理由で就学困難なものに対して教育機会を保障するため』となってるから、誰でも彼でも借りれるものではない。ただ、教育ローンと言うのは、名目が教育のためと謳うことで審査が緩くなったり、あいまいになってるのも事実。多めに借りて、親が使い込むケースもあるみたい("^ω^)・・・

◎奨学金にもいろいろあるし、低所得や世帯なら願ったりかなったりのタダで大学へ行かせる方法もあります。東京大学や京都大学では、親の収入によって授業料が免除になる制度(一部成績の査定あり)があります。成績優秀者であれば、私学より安い授業料の国立大学がさらに授業料がゼロになる美味しいシステムです。
また、私学でも成績優秀者には、特待生制度を設けているところもあります。スポーツ推薦だけに目が行きがちですが、特待生制度を活用すれば4年間無料で大学へ行くことができます。多分、その大学を受験して1番の成績じゃないと特待生にはしてもらえないと思いますが・・・

*大学へ行く目的がきちんと定まっているならば、それなりにお金をかけても良いと思うし、さらに、目標が明確ならば、授業料免除や、特退生への道もあると言う選択肢もあると言うことを教えてあげましょう。


<このニュースへのネットの反応>

猫も杓子も高校や大学に進学する風潮をどうにかしないとね


こう言う親って絶対に先を見ていなかった愚か者。借金という奨学金で大学通うとは。大学卒業すると就職先が無く、就職できても給料なんて返済まで回らない。借金してまで大学行くとは、試験受けるとか受けないとか以前の問題。大学卒業までの費用を用意できないのなら諦めて働いた方が楽だったよ。借金無しで生活するという事はどれだけ楽だったね


大学減らそう バカでも行ける大学に意味はない


*は借金に抵抗がない。名前が住宅ローンだろうが学資ローンだろうが借金は借金。


大事な説明を省き借金を予約という脅迫観念を煽って斡旋する教育委員会と学校に問題があるし、調べもせず安易に借りる方も落ち度がある。高校までは公立であれば、ほとんど学費はかからないし私立も補助金がでる。無知で人任せなほど騙される。


大学で高校の内容、下手すりゃ中学の内容やっているのって意味あるの?遊びたいのならバイトでもして生活していればいい空いた時間で資格の1つでも取っておけばFランいくよりよっぽど有用


もうみんな仲良く通信制の大学にしようぜ・・・


本当に勉強したいなら通信制でも十分できると思いますし・・・


この頃、小学生時からしている習い事・スポーツで大成している人が多い。なのに18歳までに一生何で稼いで生活することを考えないで大学行くとは。こんな奴は大学行っても何も無く働けずにボロボロに成るだけ。大学行く人なんて一握りで良いの。


学歴おもちゃにした報い


逆に子供から老親への援助の平均は1000万円だそうだから、ちゃんと就職できれば国公立大学分くらいのリターンはあるよ。ニートなんかになったら言語道断だけど。


中世ヨーロッパの農奴かよ。


動画で勉強すれば学校も教師も殆んど要らない、莫大な税金が浮く 大学を維持して借金に苦しむ必要は無い


俺の兄弟たちは「借りた金で学問をし、社会人になって自分の力で返済するべき」とバカ親に利子付き奨学金を半ば無理矢理借りさせられたけど、俺はがアホみたいな高利奨学金なんぞ借りずに大学を卒業・就職できた勝ち組だぜ!その代わり貯めてた積立金の大部分を他の兄弟の返済に充てられて勘当されたけどな! HAHAHA!!


定年退職を迎えると、退職金という形で2000万円、3000万円>ごめん。1年務めた先でもらった退職金が19万円だったから、その100倍で1900万。単純に100年も仕事ないから、どう考えても無理。親の世代(中小企業で正社員)で存命中言っていたのが定年したら退職金300万円くらい。机上の空論。


高卒で働くって選択肢もあるということを頭の片隅に置いといてほしいな。無理して借金してまで大学行くことないと思っちゃう。


たしかに、大卒より高卒で働くほうが、地元で仕事にあぶれる事もないし、正社員なうえ、家も建つし相手もいるし結婚もしていたりと幸せだと思う。


今の日本に大学で学んだことがその後の人生に必要不可欠だった人がどれだけいることやら。あ、就職活動時に「○○大学卒です」って使うためってのは除外で。


就職で高卒募集の数がマシになったのは割と最近だし、今の学生の親の世代は大抵「何でもいいから大学に行っとけば何とかなる。行かなきゃ人生終わり。」みたいな妄信が根付いてる。奨学金の問題はこういった凝り固まった考えを持つ親と社会から成り立ってるから、そういう部分から何とかしないといけない。


ってかこれって過去記事の再編集記事なのか、ネタないのかな?